クレジットカードのショッピング枠注意点

クレジットカードのショッピング枠注意点

HOME » ショッピング枠の裏ワザ » クレジットカードのショッピング枠注意点

いざというときに使える金策となるのがクレジットカードのショッピング枠を使った換金テクニックですが、この方法での注意点は何かあるでしょうか?
まずは使用した金額より、やや少ない金額しか現金にならないこと。
この方法が正規の利用ではなく、個人的に行う裏技になることから、仕方ない注意点となります。

この方法とは、たとえばカードを使い10万円で買ったバックをすぐに売却し、7万円の現金を手に入れるといった方法になりますが、このときは3万円分のロスが出ていますよね。
これはただの例だからそうなっているのではありません。
実際にやったとき、このようなロスがどうしても出るのです。

これは換金業者を使ったときでも同じです。
このときは換金率が表示されていると思いますが、これが100%になる業者はまずありません。
これが100%ということは、その業者はボランティアで換金を行ったことになりますからね。
業者側もビジネスとしてやっていることですから、料金はかかります。
そして料金相当の手数料がかかる以上、換金率は必ず100%未満となります。
それはつまり、カードで使った金額以下のお金しか、現金として戻ってこないことになるのです。

このほかの方法でも同じです。
たとえば自分が飲み会の幹事となって支払いをカードで行い、ほかのメンバーの料金を現金で集めたときも、自分の参加費分はカードで支払ったことになりますから、この分は現金になりません。
どうしても現金にならない金額が出るのは、この裏技での注意点となります。

このほか、クレジットカードのショッピング枠は、現金を借りるための機能ではありませんから、このような裏技を通して個人的に現金を作るのは禁じられていることがあります。
それを本当にやった場合、カードの規約違反となり、露見したときは強制解約の原因となることもあるのです。
そのためこの裏技を使うときは、カード会社にそれが伝わらないよう、上手にやる必要があります。
これらがクレジットカードを現金化するときの、ショッピング枠注意点となりますね。