商品券を使った現金化

商品券を使った現金化

HOME » ショッピング枠の裏ワザ » 商品券を使った現金化

クレジットカードのショッピング枠を現金化する裏技に使えるのが、商品券です。
これを使うと、うまく現金化できることも多いですよ。
この方法の流れは、ショッピング枠を使って商品券を購入し、それをまたすぐに売るという方法になります。
買取式とよく呼ばれる方法で、カードで購入したものを現金で買い取ってもうらことで、結果的にカードのショッピング枠を現金に換える方法なのです。
この方法が裏ワザとしてよく使われているのは、商品券だと成功率が高いためです。

先の方法で気をつけたいのは、購入した商品の売値ですね。
消費者が購入したものを買い取ってもらえるのは、中古ショップになりますよね。
こちらへもっていくと、一般消費者でも何かを売れますが、その値段はショップ側で決められるのが一般的です。
交渉の余地がないわけではありませんが、消費者の方で値段を決められる余地は、あまり大きくはありません。

このときあまりいい値段がつかない場合、ショッピング枠の現金化に成功したようには、あまり感じられないことも多いでしょう。
たとえば1万円で購入した商品をすぐに売ったところ、1000円にしかならなかった場合、換金は一応できたわけですが、カードで使った金額に比べて、あまりに安い値段になっていますよね。

このようなことが少ないのが、商品券を使った方法なのです。
そのためカードの現金化の裏ワザとしてよく使われています。
商品券を使うと、売ったときに高値がつくことが比較的多く、購入時に使ったカードの使用金額の大部分を現金化できた形になるのです。

商品券だと高値がつきやすいのは、これは一種の金券になるためです。
金券は新品でも中古でも効果が変わりません。
そして支払いのときに使うだけですから、現物の状態などによって値段が落ちることもほとんどありません。
その商品券の金額や、使用できる回数などにより、元値に近い値段で売れることが多いため、現金化しやすいアイテムとしてよく使われます。
自分でやるときにも使いやすい裏ワザになりますから、よく覚えておくといいでしょう。